買ったばかりの車に一方的にぶつけられた私の気持ちは

以前のミニバンと呼ばれる広島に本社のあるメーカーの大型車に乗車していた時、自動車同士の事故を経験しました。一方的に相手車にぶつけられた状況でした。

こちらは、ほぼ静止している状態か時速10kmほどのソロソロ運転をしている時にです。某有名デパートの駐車場内で出入庫精算機の前で、ずらりと並んでいるときでした。

かなりの車が出庫に手間取っており、なかなか前に進まず、完全に停車したときです。いきなり、車後部にゴドンッと鈍い音がしました。

すぐに車から出てみると中年女性が運転している軽自動車がまともに私の車のリアバンパーにめり込むようにぶつかったようです。相手のフロントバンパーもかなり損傷しています。

ライトもヒビが入っていました。こちらは購入したばかりの新車だったので、怒りもひとしおです。どうも、その女性は視力がかなり悪いのと、駐車券を探しながら停車したり進んだりしていたので、私の車が急に大きく前進し始めたと勘違いしたようです。

必死に謝っていました。すぐに、女性の免許証を提示してもらい、氏名、住所、車名、ナンバープレート確認してメモをとります。車をお互い安全なスペースに移動させ、話し合いをします。

相手女性は警察にはどうしても出頭したくないといいはります。すぐに保険会社の人間をよこしますの一点張りです。示談としたいようです。

少し、図々しいと感じましたが、必死の言い訳にこちらも折れてしまいました。早速、ぶつけられた車をディーラーに持ち込むと大体30万円で復元できるでしょうとのことです。

自宅に帰りしばらくすると、相手女性の加入している損害保険会社の担当者から連絡がありました。こちらのディーラーの出した内容をお話し、連絡を取るように伝えます。かなり、淡々と感情のない印象の損保会社です。

その後、相手女性からは、何の連絡もありません。


あとは、損保会社とディーラーの経理とのやりとりばかりで、一旦終了とされそうになったので、私は、どうにも気持ちが収まらず、相手損保会社担当に苦情を申し立てました。

こちらは買って1か月くらいの新車同然のものを、相手のうっかりで大きな傷をつけられたんです。

示談にも応じたのに、相手女性は、その事故の日以来、音信不通です。

しかし、損保担当者は冷淡なものです。「復元修理に応じているのですから、それでいいでしょう。あとはお互いの個人的問題です」と言い放って、電話は切られました。

それから、1週間を経て、まことにイヤそうな顔をした加害者女性が、菓子折りを持って現れましたが、玄関で手短に型にはまった謝罪をして脱兎のごとく逃げるように帰っていきました。

【追突事故で車が全損】買い替えるなら時価額交渉が重要ポイント

事故を起こしたらその場での回答は避けましょう。

昨年の1月に、公共交通機関のバスと接触事故を起こしました。

私自身は、事故が2回目で経験がある程度あったので、対応にさほど困ることはありませんでしたが、事故にあうのが、初めての方は、バスやタクシー等の会社との事故については注意が必要です。

事故を起こした直後に、相手側はすぐに会社に連絡を入れるシステムになっているようです。

そこから警察より早く、事故調査委員の担当者が現場に来て、接触事故の証言を、記録に残そうとします。

そこから、保険会社でもないのに、過失の割合や、なんで接触したのか、当方には、原因となるものは見当たらないなどを説明し、説明した内容で間違いがないですか?などを訪ねてきます。

何もしらない人ですと、ここで「わかりました。私が悪かったと思います。」など答えてしまうのではないでしょうか?

この事故調査委員に対しては、返答する必要もないですし、過失割合など、判断できるわけもないので、もし上記の内容を尋ねられたのなら「すべては保険会社に聞いてください。私は今事故を起こしたばかりで冷静な判断が出来ません。」などというと良いでしょう。

その後、警察が来て現場検証が始まり、事故調査書のようなものを、お互いから確認します。

その後は保険会社に任せると良いと思います。保険会社によっては連絡が遅かったり、丁寧な対応をしていただけない場合もありますので、こちらでは連絡をとることは出来ないので、保険会社さんより相手の方への対応をお願いしますときちんと伝えておきましょう。


 保険の内容なのですが、さほど月々の金額に差が出ませんので、弁護士特約をつけておくことを、強くお勧めします。

私の場合事故の次の日に、バスの会社より連絡があり、「私の方は悪くありませよね。あなたの方が過失があるって感じで話されていましたよね。」などと電話をしてきました。

すぐに保険会社に連絡を行い、左記のないようで、相手側より直接連絡があったことを知らせました。また事故車両を引き取った自動車工場にも、連絡が入っていたそうです。

保険の代理店より、バス会社に対して、弁護士特約がありますので、これ以上、連絡を行うなら、弁護士を入れますので、弁護士を介して連絡をとってもってもよろしいですか?っと尋ねたら「私が現状を確認したかっただけなのですみません。もう本人さんなどに連絡はいれないように致します。」との回答だったそうです。

事故は起こしたくて起こすわけではありません。万が一の時に、備えることが重要です。保険の内容や金額で無理がない程度にプランを見直し、備えることが大切です。

事故にあったのに奇跡的に無傷

昨年の11月ごろ耳鼻科に行くため自動車に運転して駐車場を利用しました。しかし駐車場も車が満車だったことからバックギアを入れて下がっていました。

下がり際に空いている駐車場を発見したので左にハンドルを切りながらバックをしました。すると急にドンと言う音がして停止したので何があったのか分からない状況でした。

右側のタイヤを見るとなんと突っ込んできた車のバンパーを右前輪のタイヤが引っ掛けていました。相手はなぜ私がバックギアを入れたのに突っ込んで来のか分からない状況で衝突しました。

しかし私の車は何とかボディーにも傷がなくタイヤが守ってくれた形となりました。

相手はなぜ真っ直ぐ来たのか私が下がってきているのであれば元に戻ればすんだのにと言った感じの事故でした。駐車場での事故は事故の30パーセントを占めていて、こう言った何もないと思ったところで起こる事もあります。

相手と話して警察を呼んで事故処理を行う事としました。私はなぜ相手が突っ込んで来のかそれだけが疑問に思い、こんな時にドライブレコーダーがあればと思いました。

お互いの保険会社にも連絡をしましたが、警察の見解はお互いが確認していなかったのが悪いから過失は50%で処理する様に言われました。

ですから私はボディーに傷がない事からも修理費用は0円ですみました。相手は私も聞いたわけではありませんがバンパーを結構やっていたので15万円ほどの修理費用はかかりそうです。

そうすれば保険を適用する事が相手にとっても有利でしょうし良い決断となります。

修理費用のなかった私も、今回の事がありやはり事故には十分に注意をしながら運転をしていますがそれでも相手があってのことだから何が起こるかわかりません。

もらい事故も合ったりしますし、それは一概に何もないとは限らないので保険に加入する事は当然の事の様に思います。

運転免許を持っている人は当然運転に細心の注意を払いますが、なぜか不注意が重なれば運転ミスや事故は起こります。

私の今回のミスは相手がいる事を視角だったのですが見落とした事が原因で起こったと考えます。そこも不注意である為に、やはり細心の注意を払う事は必要不可欠だと思います。

相手にはとても申し訳なかったのですが、相手もなぜ突っ込んで来のかなぜクラクションで知らせてくれなかったのかそれが一番悔やまれる事故でした。怪我だけはなかったのでお互い良かったところにはなります。